~結構当たりやすい!~
売買掲示板をご覧ください ←売買掲示板を是非ご活用ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画で気分を晴らす

ストレス発散に朝昼晩と映画を3本も見る

不思議と映画を観ている時間だけは何もかも忘れられるのです

で、観た映画はというと
1本目は、大好きな大林宣彦監督の作品「青春デンデケデケデケ」だ(主演は林泰文、うーん相変わらず微妙な人選)
大林監督と言えば尾道だが、この作品は少し離れて香川県観音寺が舞台である
ボク的には尾道がやはり一番だが、ここの風景もかなり素晴らしい
癒される風景である

ある日ラジオから流れてきたベンチャーズパイプラインに影響されて、ロックというものに憧れていく少年(高校生)
その後、半ば無理矢理ながらメンバーを集めバンドを結成する
その後、楽器欲しさにバイトしたり変なオッカケ少女に困惑したりして、着実にバンドのレベルを上げていく
そして高校3年間の集大成として、卒業前最後の文化祭で演奏し燃え尽きる
その後主演の少年のみが東京の大学に進学するためバンドから去る
と、まあ大雑把にストーリーを書くとこうだ

ノホホンながら怒濤の高校3年間を2時間ちょっとで表現できるあたりさすがだ

余談だが、そのバンド仲間に若き日の浅野忠信がいる!今では考えられないくらい爽やかである。

この映画、芦原すなおが書いた同名小説が映画化されたものだが
原作の方を是非読んで欲しいと思う
ボクはこの小説を読み感動してしまい駅のホームで泣いてしまいました(バカだ)
物語は60年代の話だけれど、今の僕らの世代の人達でも感動できる作品だと思います
是非読んでください
とてもわかりやすいですし、本なんか普段読まないという人でもサクサク読めると思います

てかDVDが出てたんだね




もう書くのしんどいので、少しだけ書こうと思います
2本目は超有名作にして超バカ映画「アルマゲドン」である
実はこれバカ映画と書いてるが、あまりのバカさ加減にハマってしまってDVDを購入し(まあ中古で1000円だ)、今日で見るのは4回目ぐらいであろう(笑)
相変わらずの(当たり前だ)ド派手な演出、過剰な演出でもう最高

それにしてもだ、見た人はわかると思うが、なぜ、穴掘り名人に宇宙飛行士をやらせるのだ?(笑)
どう考えても宇宙飛行士に穴掘りを覚えさせる方が早いだろうに

この映画、ちまたではかなり絶賛されてるが、ボク的にはアホ映画ベスト1である




3本目は「ザ・忍者ミッション」という映画
題名でもかなりのアホさがわかるが
内容も言わずもがな、アホアホ映画である
これ実はビデオ屋でバイトしてた時に店長から貰ったレンタル上がりのものなんだけど、実は今日まで見ていなかった
まあ感想としては、あまりのつまらなさにビックリ仰天だけど(内容が1回見ただけじゃ理解不能である)
まあ、そこがB級映画の良いところ
意味不明シーン満載である
外人が忍者になりきってるところ何か見ると何か切なくなってくるねぇ

このビデオ、今レンタル、もしくは販売されていたりするのだろうか?
絶対お薦めできない作品だが、見つけたら是非借りてみてください
お金かけまくりの映画も良いけど、こういう変な映画もたまには良いですよ
スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2005/09/26(Mon) 09:01 
  •  
  • #
  • [edit]

web拍手御礼(突っ込みコメント大歓迎。各日付の右下にあるコメントという字をクリックしてね)

web拍手御礼(突っ込みコメント大歓迎。各日付の右下にあるコメントという字をクリックしてね)はペットリンクを受け取りました。

  • 2005/09/26(Mon) 22:39 
  • URL 
  • 歌夜さん家のあんでぃ(ハモペット) #-
  • [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2005/09/26(Mon) 23:16 
  •  
  • #
  • [edit]

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

青春デンデケデケデケ

「青春デンデケデケデケ」久々にDVDで見ました。最近、なかなかテレビの前に座れなかったんですがなんとなく見たくなっちゃって・・・この映画は、平成4(1992)年大林宣彦監督が、世に送り出した青春映画の名作です。  僕が生まれた頃、1960年代後半の四国・観音寺

  • 2005/10/03(Mon) 13:12 
  • 社長日記 - ムラウチの社長ブログ
このページのトップへ
~オススメ優良出会い系~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。